【PLTR】パランティアの決算分析(決算/営業CFマージン/GAAP)

PLTR 業績 決算O~
スポンサーリンク

政府や企業向けデータ分析のパランティア(PLTR)の銘柄分析です。
銘柄の購入検討で重要指標である
・決算
・営業CFマージン
・GAAP
で分析しています。

過去からの四半期決算や業績も振り返り評価していますので、
ぜひご参考にして下さい。

チェック項目(決算、営業CFマージン、GAAP分析)

チェック項目は、じっちゃまこと(広瀬隆雄氏)やウィリアムオニールの本を参考に、私が特に重要と感じた「決算」「営業CFマージン」「GAAP分析」の3点で分析しています。

◆MarketHack流 世界一わかりやすい米国株投資の技法 著:広瀬隆雄

◆オニールの成長株発掘法 著:ウィリアム・J.オニール

「決算状況」、「営業キャッシュフローマージン」「GAAP分析」
は様々な投資本で重要視される項目なのでぜひチェックしてみて下さい!

【決算状況】
下記①②③全てがOKならば「良い決算」として過去の四半期決算を振り返っています。

No.チェック項目
EPSがコンセンサス予想を上回る
売上高がコンセンサス予想を上回る
ガイダンスがコンセンサス予想を上回る

【営業キャッシュフローマージン】
下記2点をチェック。業CFマージンはどれだけ、効率的に稼いでいるか?を示す指標です。

No.チェック項目
④-1営業CFマージンは15%以上あるか?
④-2営業CFマージンは右肩上がりか?

【GAAP分析】
下記3点をチェック。粉飾が無いか、成長はしているかをチェックする指標になります。

No.チェック項目
EPSよりCFPSの方が数字が高くなっているか?(CFPS>EPS)
EPSは毎年右肩上がりか?
CFPSが毎年右肩上がりか?
スポンサーリンク

パランティア(PLTR)の決算

パランティアの決算結果をチェックしていきましょう。
上述の通り、チェック項目は下記です。

【決算チェック】
下記①②③全てが〇ならば「良い決算」。

No.チェック項目
EPSがコンセンサス予想を上回る
売上高がコンセンサス予想を上回る
ガイダンスがコンセンサス予想を上回る

「良い決算」とは ①②③が全てOKな会社。一つでも取りこぼせば悪い決算(じっちゃま)

決算の調べ方は下記をご参考下さい!!
▶【米国株】決算結果の調べ方(EPS/売上高/ガイダンス)

パランティア(PLTR)の決算結果まとめ

パランティアの四半期決算を振り返っています。
政府向けで人気銘柄ですが、直近の決算は懸念が残る結果が続いています。

【①EPS、②売上高、③ガイダンス>コンセンサス(市場)予想のチェック】

PLTR 決算 パランティア

【パランティア 今期決算】※23/5/8

・EPS、売上高は予想をクリア
ガイダンス未達も通期は黒字化予定
売上高は前年同期比+18%と引き続き減速
政府向けは好調、商業顧客数+50%

上記の形で過去からの決算成績や次回決算日などをまとめているので、ご参考下さい!

▶米国グロース株の過去からの決算成績まとめ

▶米国グロース株の決算結果まとめ

【決算まとめ】
①EPS、②売上高○、
ガイダンス×

スポンサーリンク

パランティア(PLTR)の次回決算日

次回決算日はinvesting.comでは

2023/8/9

※まだ公表されていませんので、
 あくまで次回決算日の”目途”になります。
 決算結果は本サイトで更新していきます!

▶米国株の決算日の簡単な調べ方

スポンサーリンク

パランティア(PLTR)の営業CFマージン

続いて、営業キャッシュフロー(CF)マージンです。

営業CFマージンとは?
営業CFマージン = 営業CF÷売上高
営業CF:売上高から経費を引いたもの
つまり、営業CFマージンはどれだけ経費をかけずに効率的に利益を得たか?の指標。

営業CFマージンの調べ方と詳しい説明は下記☟でしていますので、ご参考にして下さい!

【営業キャッシュフローマージン】
下記2点をチェックし、評価しました。

No.チェック項目
④-1営業CFマージンは15%以上あるか?
④-2営業CFマージンは右肩上がりか?
PLTR 営業CFマージン

④-1営業CFマージンは15%以上あるか?
11.7%と基準の15%を未達

④-2営業CFマージンは右肩上がりか?
マクロ経済の影響が強いですが、直近は下がっています

【営業CFマージンまとめ】
基準の15%を未達、右肩下がり

スポンサーリンク

パランティア(PLTR)のGAAP分析

GAAPとは「米国株会計基準」の略で、正式な会計基準に沿って計算された利益のことです。いわゆる決算で報告される正式な数値になります。

GAAPは1株あたりの業績を把握できるチャートになります。
EPS :1株当たり利益
→”純利益”を”発行済株式数”で割ったもの
CFPS:1株当たり営業CF

→”営業CF”を”発行済株式数”で割ったもの
SPS :1株当たり売上高

→”売上高”を”発行済株式数”で割ったもの

【GAAP分析】
下記3点をチェックしています。粉飾が無いか、成長しているかをチェックする指標になります。

No.チェック項目
EPSよりCFPSの方が数字が高くなっているか?(CFPS>EPS)
EPSは毎年右肩上がりか?
CFPSが毎年右肩上がりか?

【GAAPグラフ】

PLTR GAAP分析

※英語版ヤフーファイナンスからGAAPグラフを作成しチェックしています。

【⑤⑥⑦のチェック】

EPSよりCFPSの方が数字が高くなっているか?CFPS>EPS)
全てEPS<CFPSで問題無し〇です。
CFPS(1株当たり営業CF)の営業CFとは前述の通り、「売上高から経費を引いたもの」です。

③なぜCFPSのほうが大きくないとダメなのか?
→営業CFは売上高から経費を引いたものなので、通常、営業CFのほうが純利益より大きくなります。つまり、EPS<CFPSですね。しかし、EPS>CFPSの場合、つまり純利益の方が営業CFより大きい場合は粉飾決算の可能性があるようです。
(EPSは誤魔化せるが、キャッシュフローは誤魔化せずらい)

⑥EPSは毎年右肩上がりか?
しっかりと上昇
ただ依然としてマイナスです。

CFPSが毎年右肩上がりか?
こちらは直近下げています。


GAAP分析まとめ】
⑤EPS<CFPSで〇
、⑥EPS右肩上がり〇、⑦CFPSは減少×

スポンサーリンク

パランティア(PLTR)まとめ

・決算(①②③)

No.チェック項目結果
EPSがコンセンサス予想を上回る
売上高がコンセンサス予想を上回る
ガイダンスがコンセンサス予想を上回る×

・営業CFマージン(④)

No.チェック項目結果
④-1営業CFマージンは15%以上あるか?×
④-2営業CFマージンは右肩上がりか?×

・GAAP分析(⑤⑥⑦)

No.チェック項目結果
CFPS>EPSか?
EPSは毎年右肩上がりか?
CFPSが毎年右肩上がりか?×

パランティア(PLTR)は政府関係の仕事をしていて米国でも注目されている企業です。

まだまだIPOされたばかりの”赤ちゃん銘柄”ですので、
「良い決算」を連続して投資家の信頼を勝ち取れるかが重要です。

政府向けは客先が安定しているので、
今後の決算、業績に注目し、更なる成長を確認します。

良かったら☟クリック応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

最後まで見てくれてありがとうございました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました